自転車×カメラで世界は広がる

 

 

 

|自転車とカメラ

 

 

 

自転車に乗ると見慣れた景色であっても、
まるで違ったものに見えることにきっと
驚くことになるでしょう。

 

車で通った時には気づかなかったお店に
気づき、入ってみる。電車では通り過ぎ
てしまっていた路地を、覗いてみる。
そんなささやかな発見が、お散歩を彩り
ます。

 

それから、季節ごとに花を見るのも楽し
みの一つです。春には桜、秋には紅葉を
冬には街のイルミネーションを追ってど
こまでも走ります。

 

春なら桜並木、秋ならいちょう並木を眺
めながら走るのは今まで見えなかったも
のが見えて気持ちがいいものです。

 

また、渋滞知らずでのんびりと自分のペ
ースでサドルに座りながら見物ができま
す。

 

 

 

|自転車用カメラバッグ

 

 

そこで気になるのが撮影するカメラ。

ささっと撮るのであれば断然スマホです
が、せっかくの綺麗な景色ですのでちゃ
んとしたカメラで撮りたいものです。

 

でも、悩みどころはその持ち運びと収納
方法。

普通ではたぶんバックパックやサイクリ
ング用のものになるかと思います。
でもわざわざ背中から降ろして取り出す
のはちょっと億劫ですよね。

かといってメッセンジャーバッグなんか
は大きすぎて中のカメラがガサつき安定
しない。。

 

そんな悩みを解決するものに
コレがおすすめ⇒

 

Kickstarterで目標金額50万ドルを大幅に
オーバーする金額を調達し、プレオーダ
ーという形で公式サイトで受付をしてい
たPeak Designのカメラバッグその中で
一番コンパクトなのがこれ⇒

『EVERYDAY SLING』

 

ササッと取り出せるし、
ガサつかず、クッッションでホールド
してくれるので落とす心配もいりません。

 

 

 

 

 

 

カメラを持つと、モノやヒト、街並みひ
とつ取っても「どのように切り取るか」
を考えるようになる。まずは全体を写す
ようにシャッターを切りつつも、プラス
アルファが欲しくなる。

 

アップにするか、引いて撮るか。
同じモノでも、自分なりの見方で記録し
たくなる。

 

そして、あれこれ試行錯誤するべく体を
動かすと、目に見える風景も動く。普通
に歩いているだけでは見ることのなかっ
た角度や距離から、被写体である街並み
を2度見、3度見することによって、別の
側面が見えてくる。

 

それがカメラが自分にもたらしてくれる
新たな視点となります。

 

「記録」のための装置と、

「移動」のための乗り物。

 

金額の違いはあれど、
どちらもいろんな世界の視点や選択肢の
を広げてくれるとっておきの相棒となる
でしょう。

 

 

純粋に便利だから、
それ相応の金額で購入して使う消耗品。

であると同時に、そこに “便利” 以上の何か
を求めることだってできる。

カメラは「自分の目で写真を撮る」

自転車は「自分の足で漕いで走る」

という基本的な役割がありますよね。

 

要するに、考え方と使い方次第。
意識して使えば、基本となる機能以上
のメリットを自分にもたらしてくれるし、
さらには、自分の選択肢の幅を広げるに
あたっても役に立つ。

 

意識的に街を観る時間を確保し、
精神的な余裕を持てるようにすることに
よる生活が変われば、心境も変わること
でしょう。

 

きっかけは何でも良いんです。
理由がなければ、カメラを買って理由を
作る。理由がなくても、とりあえずスマ
ホ片手に気になる街を自転車でぶらつい
てみる。

そうやって、楽しめたなら万々歳。

 

慣れ親しんだ自分の足の速さでなく、
高速で過ぎ去る風景を眺める自動車・
電車でもなく、その中間。

自身の力加減とペースで前に進み、
時には止まって景色を写真に収めること
もできて、尚かつ徒歩よりも速く遠くを
目指せる、すてきな乗り物。

「自転車」

 

まずは帰り道のちょっとした寄り道から
いかがでしょうか。

 

お気軽にお問い合わせください。☎090-8015-2758営業時間:9;00-19;00[不定休]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください

Let's! Bicycle Beautiful Life!!東京三鷹吉祥寺  Make by     アースリート

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。